2018年(平成30年)年賀状はいつまでに出せば元旦に届くのでしょうか?

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33

今年も早いもので12月となりました。年賀状を準備する時期になりましたね。

2018年(平成30年)は戌年(いぬどし)です。

さて、2018年の年賀状ですが、いつまでに出せば元日に届けることができるのでしょう?

ビジネスなどで必ず元日に届ける必要のある人は、是非ご確認ください。

スポンサーリンク
簡単デイズ336

元日に間に合う締め切りは?

2018年(平成30年)年賀状は、

引き受け開始日が、平成29年12月15日(木)からです。

そして元日に届くための締切日は、平成29年12月25日(月)までです。

この2つの日付けを覚えておきましょう。

日本郵便では、平成29年12月26日(火)から平成29年12月28日(木)までに出した年賀状も出来る限り元日に届くように取り組むとしています。

ですが、絶対に元日に間に合わせる必要があるものは、必ず12月25日までに出しましょう。

年賀状を出すときの注意点

投函するタイミングに注意

年賀状をポストに投函する人は、投函するタイミングに注意してください。

ポストはそれぞれ集荷時刻が決められています。12月25日の”集荷後”に投函してしまったら、12月25日に出したことにはなりませんので、お気を付けください。

12月25日に年賀状を出す場合は、郵便局の窓口で受け付けてもらうようにしましょう。

年賀はがきの料金に注意

2017年6月1日に郵便料金の改定がありました。通常はがきの料金は52円から62円に値上がりしています。ですが、年賀はがきには特例が設けられました。

2017年12月15日(金)から2018年1月7日(日)までに出した年賀はがきは、今までどおりの52円で出すことができます!

ただし、期間限定の特例ですので、12月14日以前に出す場合や、1月8日以降に出す分については62円となり、10円分の切手を貼る必要があります。

年賀状の豆知識

元旦と元日について

元旦と元日は似ている言葉ですが、微妙に違う意味があります。

元日とは1月1日のことです。そして元旦とは元日の朝のことです。

元旦の「旦」は、上の「日」が太陽を表し、下の「一」が地平線を表しています。日が昇る朝の様子を表しているんですね。

このように厳密には違いがありますが、元旦も元日も1月1日の意味で使うことが多くなっています。なので、あまり気にする必要はありません。

年賀状と寒中見舞い

年賀状を遅れて出すことになった場合、ある時期からは年賀状ではなく、寒中見舞いとして出さなくてはいけません。

その時期とは、松の内(まつのうち)です。

一般的には1月7日までが松の内の期間です。1月7日を過ぎた場合は、寒中見舞いとして出しましょう。

松の内の期間は、地域によって異なる場合があります。しかし地域による違いを考えだすと大変ですので、私は1月7日で線引きをしています。

まとめ

2018年(平成30年)の年賀状についてご紹介しました。

私は仕事で年賀状を出すことが多いため、失礼にならないように必ず元旦に届くようにしています。そのため、毎年いつまでに出せば大丈夫かを調べます。

今回、調べたのは日本郵便のホームページです。プレスリリースの「2018(平成30)年用年賀葉書等の発行及び販売」というところで確認しました。

12月も始まったばかりですので、年賀状はまだ余裕を持って準備できますね。

私は一昨年から年賀状はしまうまプリントを利用しています。今年も既に注文しました!料金も安くて、仕上がりも満足です♪興味のある方は是非どうぞ。