簡単Gmail!送信したメールを取り消す方法。機能を有効にするのがポイントです。

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 36
email-824310_1280

私のフリーメールはGmailをメインに使っています。

そんなGmailには便利な機能がたくさんあります。

今回、紹介する機能は、うっかり送ってしまったメールを取り消すやつです。

知らない人にはびっくりの機能じゃないでしょうか。一度、送ってしまったメールを取り消せるなんてすごいですよね!

結構、周りに知らない人がいたので、まとめてみましたよ。

スポンサーリンク
簡単デイズ336

設定はめちゃくちゃ簡単です。

Gmailでメールを送信すると、あっという間にメールが送られてしまいますね。

この軽さ、快適さがGmailのウリだと思いますけど、

そのメール間違って送っちゃったーー!!

というときにはもう手遅れなんですよね。。。

それをなんとかする機能が「送信取り消し」です。設定はとても簡単です。

1.設定→全般を選択

まずは設定アイコンをクリックしましょう。

続いて「設定」をクリックすると、最初に開いているのが「全般」のタブです。

gmail-torikeshi01

2.送信取り消しの設定

gmail-torikeshi02

「送信取り消し機能を有効にする」にチェックを入れましょう。

3.取り消せる時間の設定

gmail-torikeshi03

取り消せる時間を、5秒、10秒、20秒、30秒の中から選びます。

4.変更を保存する。

画面の一番下の「変更を保存」をクリックします。

gmail-torikeshi04

設定はこれだけです。びっくりするほど簡単ですね。

送信取り消し機能を使ってみよう!

実際に送信取り消し機能を使ってみましょう。

テストメールを作って送信してみました。送信をすると、こんな画面が表示されますよね。

gmail-torikeshi05

おっ!今まではなかった「取消」という表示がありますよ!

急ぎながらも慌てずに「取消」をクリックしましょう。

そうすると、こんな風にメールの作成画面に戻ります。

gmail-torikeshi06

おおっ!本当にメールの送信が取り消せますね!

これからは、

そのメール間違って送っちゃったーー!!

という絶体絶命の状況も「取消」で脱出することができるようになります。

よく送り間違える人は、取り消せる時間を30秒に設定しておきましょうね。

まとめ

Gmailの便利な機能の中から、送信したメールを取り消す方法を紹介しました。

うっかり送信ボタンを押しちゃった!という時に、今までは諦めるしかなかったのですが、取り消すことができるようになるんですよ。

ポイントは2つ。

・送信取り消し機能を有効にしないとダメです。

・取り消せる時間は最長30秒です。

設定も操作も簡単なので、こういう機能が欲しかった!という人は是非活用してみて下さい。

Gmailの便利な機能についてはこちらの記事もおすすめです。

 参考  簡単Gmail!1つのアカウントで複数のメールアドレスを使う方法。

簡単Gmail!1つのアカウントで複数のメールアドレスを使う方法。エイリアス機能を使おう!
複数のメールアドレスを持っているのはすごく便利! でもYahooメールをチェックして、Gmailをチェックして、また別のアカウントで作った...
スポンサーリンク
簡単デイズ336

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローされると喜びます♪