ゴルフスイングの真実。手打ちが大事なんです。ボディーターンはそのあとでいいんです。

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 36
truth-257160_1280

ゴルフスイングは難しい!

これが簡単だったらアマチュアプレイヤーが悩むことはないし、レッスンプロが儲かることもないんだけどね。

私は、まだゴルフ歴は短く、どちらかというと初心者の方に入ると思います。

でも、色んな本を読んだり、動画を見たり、実際にレッスンを習ってみて、ゴルフスイングの真実を見つけました。

悩める初心者のみなさんに紹介したいと思います。

スポンサーリンク
簡単デイズ336

ゴルフスイングの真実とは。

いきなり答えになりますが、

手がフック。体がスライス。

これがゴルフスイングの真実です。

これだけでピンと来た人もいるでしょうね。すでにご存知の方もいるはずです。

世の中にはゴルフについての本がたくさんあります。レッスンしてくれる人もたくさんいます。ですから似ているような表現が色々とあるんですけども「手がフック。体がスライス。」と簡単に覚えましょう。

もちろん違う方法を推奨する人もたくさんいるのですが、私が実体験で得た真実はこれです。

手とは手打ちのこと、体とはボディーターンのことです。

手打ちとボディーターンについて説明します。

手打ちとは。

よく「手打ち」はダメだと言われます。

いやいや、手打ちこそ、初心者が最初に学ぶべき重要なスイングだと思います。

手打ちにはフックの要素が入っています。

手で打つこと。それは腕を旋回させること。右から左へ回す。アームローテーションを行って、フェースをターンさせるのです。

左に回しますから、フックの要素が入って、左に飛んで行きます。これで正しいんです。

もちろん、これだけだとダメですよ。フックしまくりますから。
またフックしない人は正しい手打ちが出来ていないということです。

ボールに当てるために手を動かすスイングはダメです。
インパクトの瞬間に手首を使ってボールに当てにいってはダメなんですね。

ボールのことは一回忘れましょう。

バックスイングして、切り返して、右手と左手の肘から先を右から左に回しながらスイング!
ためしに足を固定してスイングすると、低いフックのボールが飛んで行きます。

まあ、これはこれで難しいんですけどね。
でもフックの感覚をつかむのに良い練習になりますよ。

続いてボディーターンの話です。

ボディーターンとは。

ボディーターンこそゴルフスイングの基本であり、正しいスイングだと習うことが多くないですか。

ボディーターンにはスライスの要素が入っています。

右から左に体を回す。体を回して(体が開いて)インパクトを迎えるので、フェースが開いてスライスします。

初心者のときにボディーターン至上主義のレッスンプロに習って、スライスに悩まされる人も多いはずです。

そして先生から丁寧に指導を受けてスライスが直ったら先生に感謝します。

いやいや、待って下さい。

そもそもスライスになるような打ち方を教えたのは、その先生なんですよ。

ボディーターンから教わるのでスライスから始まるんです。それを矯正されて喜んでる場合じゃありません。

きちんとした手の使い方を習わないとスライスを修正するために、インパクトの時に変に手を使って真っすぐ飛ぶための動きをして、それがいわゆるダメな「手打ち」というやつになってしまいます。

私もボディーターンから入りましたから、スライスの悩みからスタートしました。

まず最初に習ったのはグリップがストロンググリップ(フックグリップ)、そして右から左へきれいに回るボディーターンです。

これが間違っている教え方だとは思いません。

1.ボールは手で打たず、ボディーターンで打とう。

2.ボディーターンでスイングをするとスライスになる。

3.スライスしないためにストロンググリップでクラブを握ってフック側に調整。

4.そうするとボールに当たったときにスライス&フックで真っすぐ飛ぶ。

5.だからとにかく思いっきり打つということを体感してみよう!

こういう趣旨だったら理解できます。

クラブの芯に思いっきり当てる、当たるという感覚はすっごく大事ですよね。
芯に当たった時の、軽くて分厚い感触は何とも言えない気持ち良さです。

そういうことは一切教えて貰えなかったから不安になったんですよね~。6か月経っても右から左にボディーターンとしか言われなかったもんな~。

バッシーン!!とクラブをボールに当てる感じを身に付けるのが最初で、方向性を定めていくのはそのあとです、とか言ってくれたらいいのに。

教えるときに根拠を説明してくれないと、自分が何のためにやってるのかさっぱり分かりません。まっすぐ飛ばないけどいいのかな?距離が出ないけど大丈夫なのかな?と頭の中が疑問だらけになります。

私のそういったモヤモヤを解決してくれたのが、手打ちを教えてくれた動画でした。

まとめ

「手はフック。体はスライス。」

これがとても重要なポイントだと思います。

1.正しい手打ちでフックになることを体感しましょう。

2.そして体を回すボディーターンでスライスになることを体感しましょう。

「手打ちしたあと、」 → 「体を回す。」

初心者はこの感覚でスイングをするのが良いと思います。

あとグリップが大事です。

私が最初に習ったのは、ストロンググリップ(フックグリップ)です。

そして今はどう握っているかというと、スクエアグリップです。
スクエアだと、インパクトのときにフェースをどのように使っているかが分かります。

・アームローテーションがきちんとできて、体の開きが抑えられていて、インパクトのあと、 自然にフォローが出来たときは真っすぐ飛びます。

・アームローテーションが出来ていなかったり、体が開いてるときはスライスします。

・体を上手く使えず、アームローテーションだけが先行するとフックします。

スイングの練習をしていると、いくつもチェックするポイントがあって、それを考えながら、実践するスイングなんて無理です。

「手打ちして、体を回す。」

最初はこれだけを意識するぐらいがちょうどいいと思います。

最後に私がおすすめするサイト。GDOって使ったことあります?
ゴルフダイジェストオンラインの略で、ゴルフグッズもお得なものがいっぱいありますが、私はもっぱらゴルフ場の予約で使ってます。

たくさんのお得なおすすめゴルフ場を探して、簡単に予約できます。
直接予約するよりネットで予約した方がお得なケースもたくさんありますよ♪

スポンサーリンク
簡単デイズ336

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローされると喜びます♪