簡単ビジネス文書!気付と様方の使い方を覚えよう。知っておくと便利な宛名です。

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 36
writing-828911_1280

宛名に「気付」や「様方」と書いてあるハガキや荷物などを見たことがありますか?あんまり見かけないですよね。

それぞれどういった時に使うのでしょう。

そんなに頻繁に使うことはないと思うんですけど、知っておくと便利です!

スポンサーリンク
簡単デイズ336

気付とは。

気付は「きづけ」と読みます。

手紙や荷物などを送りたい相手が、送り先の会社や組織などに所属していない場合に、「気付」を使って送ります。この説明がスッキリと分かりやすいと思います。

こういう説明もよく見かけるんです。
「気付は相手の現住所ではなく、その人の勤め先や立ち寄り先に送る場合に使います。」

でも、その人の勤め先に送るときに使ってるのは、実体験で言えば見たことありません。
なので、最初の説明通り、送りたい相手が送り先に所属していない場合に使う、と覚えた方がいいと思います。

それと、個人の家に送るときには使いません。事例で紹介しているような、会社とかホテルとかに送るときに使います。送る相手が本来いる場所ではないところに送るので、送り先に「気付」を付けて、注意を促しているわけです。

気付の事例紹介。

出張先の会社にいる社員に送る場合。

○○株式会社に自分の会社の佐藤さんが出張してるとします。
その佐藤さん宛に手紙を出す場合。

「○○株式会社 気付 佐藤様」

というような宛名になります。

注意点は○○株式会社のあとに「御中」などの敬称は書きません。
また個人名のあとは敬称の「様」を付けましょう。

部課名が分かっているときは、

「○○株式会社 ○○部○○課 気付 佐藤様」

と書いていいです。

旅行先のホテルに荷物を送る場合。

自分の名前が鈴木だとします。
○○ホテルに旅行に行くのに、自分の荷物を送る場合。

「○○ホテル 気付 鈴木行」
「○○ホテル フロント係 気付 鈴木行」 

というような宛名になります。

注意点は、自分に送る荷物なので、鈴木のあとは「様」ではなく「行」を使いましょう。

会社を経由して会社に送る場合。

あんまりない事例だと思いますけど紹介してみます。

A株式会社の一角にB株式会社が間借りしてるとします。
そのB株式会社に郵便を送る場合。

「A株式会社 気付 B株式会社 御中」

というような宛名になります。

B株式会社の田中さんに送る場合は、

「A株式会社 気付 B株式会社 田中様」

という宛名になりますね。

まとめると、気付を使う形はこうなります。

「経由する送り先名」+「気付」+「送る相手の名称」+「宛名」

特に難しいことはありませんね。あんまり使わないかも知れませんが、覚えておくと気付の郵便が届いたときにも慌てなくて済みますよ。

様方とは。

様方は「さまかた」と読みます。

「気付」は会社や組織を経由するときに使って、個人宅のときには使いませんでした。
「様方」は個人宅を経由するときに使う宛名です。

具体的には、手紙や荷物などを送りたい相手が、個人宅に居候しているとか、同居しているときに使います。送る世帯先の名字と、送る相手の名字が違う場合は、「様方」を使わないと郵便が届きませんからね。

様方の事例紹介。

佐藤さんの家の鈴木さんに送る場合。

佐藤さんの家に下宿している鈴木さんに郵便を送る場合。

「佐藤様方 鈴木様」

注意点は特別ないですね。

まとめると、様方を使う形はこうなります。

「送る世帯の名前」+「様方」+「送る相手の名前」+「様」

気付と違って、直感的に理解しやすいと思います。

まとめ

気付と様方の使い方を紹介しました。どちらとも、頻繁に使う宛名ではありません。

でも知っておくと、こういう宛名の使い方ができますし、受け取ったときも意味が理解できますよね。

難しいものではありませんから、この機会に覚えておきましょう。

スポンサーリンク
簡単デイズ336

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローされると喜びます♪