間違えやすい日本語のまとめ。「おもむろ」「さわり」などいくつ合ってますか?

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 32

普段よく使う言葉の中で、自分が思っていた意味と違ったり、間違えたりしやすいものをまとめてみた第2弾です。

もしかしたら、あなたも間違えて使っているかも知れませんよ。

国語が得意な方、日本語に自信のある方は、いくつ合っているかを確認してみてください。

そして、間違えやすい日本語の第1弾の記事も是非お読みください。

実際に私が間違えて覚えていたものや、周りの人がよく間違えているものを集めてみました。

スポンサーリンク
簡単デイズ336

間違いやすい日本語をまとめました。

普段、使いそうな事例を紹介しながら、正しい使い方もご紹介します。

おもむろ

「部長がおもむろに立ち上がった。」と聞いたら、部長が突然立ち上がった、急に立ち上がったと思う人いませんか?

それ、間違いです。

「おもむろに」とは、落ち着いて、ゆっくりという意味です。事例の正しい意味は、部長は、落ち着いてゆっくりと立ち上がったんです。

「おもむろに」を漢字で書くと、「徐に」となります。「徐」という漢字にゆっくりという意味があります。

車をゆっくりと運転することを「徐行運転」と言いますね。漢字の意味で理解すると覚えやすいと思います。

さわり

友人から「話のさわりしか聞いてないから、私もよく分かんないんだけど…」と言われると、話のうわべだけしか聞いてないとか、最初の部分しか聞いてないんだな、と思いませんか?

これも間違いです。

さわりとは、「要点。中心の部分。」という意味です。

つまり、話のさわりを聞いてるというのなら、しっかりと内容を把握していないとおかしいんです。

「曲のさわり」という使い方もしますが、その場合は、最初の部分じゃなくて、サビとか、一番盛り上がるところのことなんです。

よく間違って使っているのを見かけますので、しっかり覚えておきましょう。

確信犯

朝から曇りがちのある日。とうとう雨が降ってきました。

「ごめ~ん。傘を持ってくるの忘れたんだ。駅まで入れてくれないかな?」とクラスの女の子に声をかけるA君。

「いやいや、傘持ってきてただろ。あいつ確信犯だな。」と呟くB君。

こんなベタなシーンを事例にしてみました。

本当は傘を持ってきているのに、ウソをついて女の子と仲良くなるきっかけを作るA君。

このように、悪いと分かってする行動や人のことを「確信犯」というのは、

間違いです。

正しくは、「正しいと信じてする犯罪」のことです。

政治的、思想的に正しいと信じてする犯罪などが当てはまるわけです。この正しい意味の方だと、日常会話で使うことはほとんどないかも知れませんね。

しかし、多くの方が間違った「確信犯」を使っていますので、誤用の方が正しいとされるときがくるかも知れません。

破天荒

「あいつは先輩にも躊躇することなく、一発芸を披露できるなんて破天荒なやつだな。」

このような、豪快で無茶なことができる人を「破天荒」と呼んでませんか?

それ、間違っています。

正しくは、「今まで誰も成し得なかったことを初めてすること」です。

つまり、ものすごく良い意味で使う言葉なんですよ!破天荒な人なんて、最高の褒め言葉なんです。

テレビなどで、めちゃくちゃ暴れまわって、「破天荒~!!」などと叫んでいるのは、全く意味不明なわけです。

ですが、豪快で型破りなことを「破天荒」と思っている人も少なくありません。ということは、褒め言葉で「破天荒ですね。」と言ったのに、相手は乱暴者扱いされたと思う可能性があります。

正しい意味を理解して使うことは大事ですが、相手に誤解をさせないように注意しましょう。

続いて、間違えやすい日本語の組み合わせを3つ紹介します。

おざなり&なおざり

まずは似たような文例をご紹介をします。

どちらも、あなたが職場で注意されたものと想像してみてください。

1.簡単な仕事だからといって、おざなりにするな!

2.簡単な仕事だからといって、なおざりにしていいわけじゃないんだぞ!

この微妙な違いが分かりますか?

「おざなり」とはいい加減に対応することを言います。

つまり、「簡単な仕事だからといっていい加減な対応をするな!」と注意をされたわけです。

「なおざり」とは対応をしなくていい加減なことを言います。

つまり、「簡単な仕事だからといって、ほったらかしにしていいわけじゃないんだぞ!」と注意をされたわけです。

どちらの言葉も、いい加減であるという意味では同じです。

その中で、「おざなり」は行動をしているがいい加減であること、「なおざり」は行動をしていないからいい加減であること、というニュアンスの違いがあるのです。

正直、こんなに細かいニュアンスを知ったところで、使い分けるのは難しいですよね。日常では「おざなり」という表現を使う場面が多いと思います。

力不足&役不足

あるプロジェクトのリーダーを任されることになりました。ところが、任された本人は不安でたまりません。そこで、お断りの言葉を述べました。

「私がリーダーを任されるなんて…私には役不足でございます。」

すると、

「おお、そうか!自信たっぷりだな!よろしく頼むよ!!」

という答えが返ってくることでしょう。

役不足とは、力量よりも役目が軽いことをいいます。

与えられた役目よりも力量が無いと思ったのでしたら、「力不足」という表現をしないといけなかったのです。

似たような言葉ですが、意味は全く逆になりますので、特に注意が必要ですね。

名誉挽回&汚名返上

「名誉挽回」も「汚名返上」も、傷ついた名誉を回復するときに使います。こちらは意味を間違えることは少ないと思います。

間違えやすいのは、「汚名挽回」と言ってしまうケースです。2つの言葉を合体させてしまう間違いです。

名誉は挽回したいですけど、汚名は挽回したくないですよね。。。

名誉返上という間違いはしないと思いますから、汚名も挽回しないようにしましょう。

まとめ

間違えやすい日本語の第2弾をご紹介しました。

誰でもうっかり間違えることはあると思いますが、ここぞというときに間違えると恥ずかしいので、しっかりと覚えておきましょう。

是非、間違えやすい日本語の第1弾も覚えてください。

漢字がお好きな人には、こちらの記事もおすすめです。

 参考  間違えやすい漢字の書き方。完璧を完壁と書いている人は必見のまとめです!

 参考  間違えやすい漢字の読み方。続柄や月極など日常で使うものをまとめました。