楽天カードの申込方法を図解で分かりやすく説明します。お得なポイント生活を始めましょう!

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 32

これを読めばバッチリ!楽天カードの申し込み方を1から分かりやすく説明します。

実際に申し込んだときの画面を使いながら、注意点も紹介していきます。

カードの申し込み画面は分かりにくいところがありますし、最終的には審査に通らないとカードを発行してもらえません。

しっかりと確認しながら楽天カードを申し込んで、ザクザク貯まるお得な楽天ポイント生活を始めましょう!

◆楽天カード公式ページ◆

※上のバナーをクリックすると公式ページに移動します。

スポンサーリンク
簡単デイズ336

準備するもの

楽天カードの申し込みで戸惑わないために、事前に準備しておいた方が良いものがあります。

通帳・キャッシュカード

楽天カードを利用した時に、お金を支払うための引き落とし口座を登録する必要があります。

その際に、銀行名や支店名などが必要になります。キャッシュカードで支店名を調べるのが面倒な人は、通帳を用意しておいた方がいいと思います。

運転免許証

運転免許証を持っている人は、運転免許証番号を入力するところがありますので、準備しておきましょう。

申し込みの流れ

それでは申し込み方を一連の流れに沿って、画面を使って説明します。

楽天カードの申し込みは、必ず公式ページから行って下さい。

◆楽天カード公式ページ◆

楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ

最初の画面です。

1.楽天会員は左から、まだの人は右からです。

既に楽天会員の方は左から。まだ楽天会員ではない方は右から申し込みます。

今回は既に楽天会員という前提で、左から申し込む流れを説明します。右から申し込むと、楽天会員の登録をすることになります。

2.年会費無料の楽天カードがおすすめです!

年会費がずっと無料の楽天カードがおすすめです!一番左から申し込みましょう。

基本情報を入力しましょう。

1.カードの種類はJCBで決まりです!

追記:JCBブランドをおすすめする理由が無くなってしまいました。詳しくは下記の注意事項をお読みください。

私はパンダデザインを申し込みました!普通のものと機能は全く同じです。

楽天カードは「MasterCard」と「JCB」と「VISA」の3つのブランドから選ぶことができます。こだわりが無いならブランドの選択画面で、必ずJCBを選びましょう。

楽天カードではJCBブランドだけが、nanacoカードにチャージしたときに、ポイントが貯まります!このお得ワザを使うために、JCBが絶対におすすめです!

2017年11月利用分からJCBでもnanacoチャージが使えなくなります。カードのブランドはお好みで選びましょう。

2.名前などを入力します。

名前や生年月日などを正しく入力しましょう。電話番号2は任意です。基本的に任意の項目は飛ばして大丈夫です。

3.メールアドレスを入力します。

パソコンや携帯・スマホのメールアドレスを入力します。よく確認するメールアドレスを登録しましょう。

楽天カードのお知らせはお好みです。少しでもポイントをもらいたい人は申し込みましょう。

4.住所などを入力します。

住所などを正しく入力しましょう。

5.居住状況を入力します。

現在の住まいの状況を入力します。支払いのところは「支払いあり」になる人が多いかと思います。

6.勤め先・学校などを入力します。

ここの入力項目はカードの審査に重要なところです。

現在の状況を入力します。税込年収は、税金や社会保険などを引かれる前の金額が1年間でいくらあるかを入力します。いわゆる手取りの金額を入力してはいけません。

配偶者の税込年収(任意)、世帯年収、預貯金額は、虚偽の入力をしてはいけませんが、カードの審査に関わる重要なところですので、有利な情報はバッチリ入力しておきましょう。

7.請求書送付先などを入力します。

請求書送付先は通常「自宅」だと思います。

カード入会後の利用目的は、通常「普段のお買い物等に利用」になると思います。「現金のお借入れ等」の場合はカードの審査に影響があるかも知れませんので注意が必要です。

BESTレコメンドはお好みで。少しでもポイントが欲しい人は受け取りましょう。

8.リボサービスを入力します。

クレジットカードのリボ払いはおススメしません!!とんでもない金利手数料を払うハメになってしまう可能性があるのです。

申し込むと大きなポイントがもらえますが、甘い誘惑に負けずに「申し込まない」の選択を強くおススメします。

9.キャッシングなどを入力します。

ここの入力項目はカードの審査に重要なところです。

キャッシング枠を作るとポイントがもらえますが、必要ない人には「0万円」をおすすめします。無駄なキャッシング枠は必要ありませんからね。

他社からのお借入金額は、他社からのキャッシングがあったり、キャッシングの枠が大きいとカード審査には不利だといえます。ここでは銀行借り入れや住宅ローンは含めませんので、多くの場合「なし」になるかと思います。

配偶者のお借り入れ金額は任意です。なしの場合は思いっきり「なし」をアピールすると、審査対策になりますね。

10.家族カードなどを入力します。

原則として、家族カードもETCカードも使う予定が無ければ申し込む必要はありません。特にETCカードはポイントをもらうチャンスですが、会員ランクによっては有料となりますので注意が必要です。

家族カードは楽天カードと同様に年会費が無料ですので、少しでもポイントが欲しい人は申し込むのもありだと思います。

ただし、楽天カードを新規で申し込みたい家族がいるのでしたら、普通に新規で申し込んだ方がお得です。

11.Edyについて入力します。

楽天カードのEdy機能は無料です!個人的にはEdy機能付きがおススメです。画面のように特典が付く場合は更にお得ですね。

オートチャージはお好みです。ちなみに私はその都度チャージするのが好きです。お知らせもお好みでお選びください。

Edyとは前払いでお金をチャージして、お店での支払いのときに、お金を出す手間が省ける電子マネーのことです。

12.支払い口座を入力します。

楽天カードを利用したときに、お金を引き落とす口座を設定します。郵送で手続きするより、画面で手続きをした方が便利です!

あとで詳細な入力が必要になりますので、通帳やキャッシュカードを準備しておきましょう。

13.暗証番号を入力します。

暗証番号を決めて入力して下さい。紹介者IDは省略して構いません。

これで、基本情報の入力は完了です。

勤務先情報を入力しましょう。

1.勤務先の情報を入力します。

会社名や電話番号などを正しく入力しましょう。

運転免許証をお持ちの方は、免許証の下の方に記載された番号を入力して下さい。

これで、勤務先情報の入力は完了です。

家族カード情報を入力しましょう。

※ここは家族カードを申し込まなかった人は飛ばしてください。

1.家族カード申し込みについて確認しましょう。

家族カードは、申し込む家族を決めてから入力を始めてください。

2.名前などを入力します。

名前などを正しく入力しましょう。

3.Edyについて入力します。

家族カードもEdy機能は無料です。個人的にはEdy機能付きがおすすめです。

お知らせはお好みです。少しでもポイントが欲しい人は受け取りましょう。

4.暗証番号を入力します。

暗証番号を決めて入力して下さい。

これで、家族カード情報の入力は完了です。

口座情報を入力しましょう。

1.口座登録手続きをします。

楽天カードを利用した時に、お金を引き落とす口座の通帳かキャッシュカードを用意してください。支店名などを入力する欄もありますので、通帳の方が便利かも知れません。

※カードを申し込む本人の口座のみ登録することができます。配偶者の口座などは登録できませんのでご注意ください。

2.口座を入力します。

画面の指示に従い、口座の登録をしてください。キャッシュカードの暗証番号を入力する欄もありますので、正確な入力が必要です。

申し込みの同意・確認です。

1.入力したデータを確認します。

入力したデータの一覧が表示されますので、正しく入力されているか確認しましょう。

楽天e-NAVI開始手続き専用のパスワードは、開始手続きのためだけに、余計なパスワードを覚えておく必要が出てくるので、個人的には設定しないでいいと思います。

WEB明細サービス・WEB書面サービスともに同意でいいと思います。明細書を発行する場合82円かかりますのでもったいないです。私はWEB上での確認で十分です。

最後に下にズラッとリンクが貼ってある規約などを確認して、同意するにチェックを入れ、「お申し込みを完了する」をクリックすると、申し込み手続きは全て完了です!

お疲れ様でした!!

2.申し込み完了の画面です。

申し込みが完了すると、この画面が表示されます。

このあと、カードの入会審査が行われますので、結果が届くのを待つのみです。

登録したメールアドレスに、申し込み完了のメールが届いているはずです。後日、そのメールアドレスに結果が通知されます。

「カード発行手続き完了のお知らせ」という件名のメールが届いたら、審査をクリアしたということなので、カードが届くのを待ちましょう。

まとめ

楽天カードの申し込み方を図解で説明しました。

私は2017年8月23日の22時に申し込み、翌日の10時に「カード発行手続き完了のお知らせ」が届きました。

カードの審査時間は個人差があります。すぐに審査を通る人もいれば、時間がかかる人もいるようです。残念ながら通らない人もいます。

審査が不安な人は、図解で説明した審査に関する入力項目のところを、特に注意して頂きたいと思います。

申し込み時は多くのポイントを得られるチャンスです。公式ページから間違いなく申し込みができるように、上記の流れと照らし合わせながら、カードをGETしてください。

◆楽天カード公式ページ◆

楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ