WiMAXにクレードルは必要なのか?LANで有線接続する人には必須のアイテムです。

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33
タブレット

WiMAXを契約するときに「クレードル」が必要かどうかを悩んでいませんか?

結論から言うと、LANで有線接続する人は必須です。充電だけにしか使わない人は必要ありません。

クレードルも安いものではありません。

WiMAXを契約する前に、クレードルの基本を理解しておきましょう。あわせて注意点や便利な使い方も紹介したいと思います。

スポンサーリンク
簡単デイズ336

クレードルとは

クレードルとは充電できる台のことです。

このようにWiMAXルーターを載せると、充電することができます。

しかし、充電するだけなら、ルーターに付いてくるUSBケーブルで十分です。パソコンにつないでおけば充電できますからね。

クレードルには充電以外の大きな役割があるのです。

それは、クレードルの後ろ側に付いているLANポートです。私はW04を使っていますが、W04のクレードルにはLANポートが1つ付いています。

例えば無線対応していないパソコンがある場合に、このLANポートを使って有線接続すると、WiMAXの回線でインターネットをすることができるのです。

つまりクレードルとは、

1.充電ができる。

2.LANで有線接続ができる。

という2つの役割があり、有線接続をしたい人には必須のアイテムなのです。

クレードルの注意点

クレードルの料金について

契約時に購入しなくても、UQアクセサリーショップで買うことができます。

公式サイト:UQアクセサリーショップ「クレードル」

クレードル

W04のクレードルは送料込みで3,942円です。

Amazonや楽天などでも手に入れることができますが、お安くないんですよね。純正品じゃないものは自己責任になりますし。

そこでおすすめなのは、GMOとくとくBBで契約時に手に入れる方法です。

ネットの情報で、「GMOとくとくBBならクレードルが無料!」と書いているところもありますが、実際にはキャッシュバックの金額が下がりますので、実質的には有料です。

しかし、キャッシュバックが3千円程度少なくなるだけですので、普通に購入するよりもお得にクレードルを手に入れることができます。

クレードルが必要な人にはGMOとくとくBBがおすすめです。

◆GMOとくとくBB公式ページ◆

ACアダプタが必要です。

クレードルは、WiMAXルーターに付属しているUSBケーブルでは動きません。別売りのACアダプタが必要になります。こちらもUQアクセサリーショップで購入できます。

公式サイト:UQアクセサリーショップ「ACアダプタ」

TypeC共通ACアダプタ01Uは、送料込みで3,510円です。

こちらもAmazonや楽天などで見かけますが、純正品じゃないものは自己責任になりますから注意しましょう。

こちらのACアダプタは急速充電に対応しています。そういう意味では、持っておいて損がないアイテムだと思います。

クレードル本体にACアダプタが付いてくると思い込んでると、思わぬ出費が発生しますので、ご注意ください。

クレードルの便利な使い方

クレードルの便利な使い方をいくつか紹介します。

固定回線の代わりに使う。

メインで使っているパソコンなどに、クレードルからLANで有線接続して使う方法です。

メリットは無線よりも通信が安定しているというところです。あとは無線よりも通信速度が速いと言われています。我が家でも計測してみましたけど、速いときもあれば、同じぐらいのときもあります。

無線より安心して使えるのは間違いないと思います。

ただ自宅だけでしか使わない人はW04ではなく、HOME L01にするのも選択肢の一つです。

自宅の固定回線をWi-Fiで飛ばす。

自宅で光回線などを使っている場合に、「WiMAXルーター+クレードル」を無線ルーター代わりに使う方法です。

自宅の固定回線のLANケーブルを「WiMAXルーター+クレードル」のLANポートに挿して使うのです。

これは、固定回線を使用することになるので、WiMAXの通信量を増やさないことになります。メインでは固定回線を使っていて、外出時にWiMAXを使っている人などには便利な使い方だと思います。

WiMAXの電波を無線ルーターで飛ばす。

これは正式に推奨されている方法じゃないので、自己責任でお願いします。

WiMAXの電波を家中に送りたいけど電波が弱い。こんな場合に、強力な無線ルーター使って、電波を送る方法です。

やり方は簡単で、クレードルのLANポートと無線ルーターのWANポートをつなぐだけです。

我が家ではこの方法を試していますが、クレードルから遠い部屋でも快適につながるようになりました。

繰り返しになりますが、試す場合は自己責任でお願いします。

まとめ

WiMAXにクレードルが必要かどうかについてまとめてみました。

最初に書いた結論通り、有線接続をする人にはクレードルは必須です。

我が家では色々と実験したいこともありましたので、クレードルを購入しました。

WiMAXを利用するなら、プロバイダの中でも業界トップクラスの安さであるGMOとくとくBBがおすすめです!

お申し込みの場合はこちらの記事を参考にしてください。

 参考  GMOとくとくBBの申込方法を画面を使って一から分かりやすく説明します。