会社の役職で一番偉い人って誰?役職の偉い順番を実務的にまとめました!

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 36
mexico-1032966_1280

会社にはたくさんの役職名があります。役職名で何が分かるのかというと、その人の社内での「偉さ」が分かるんです。

取引先で名刺を交換したときには、すかさず役職名をチェックしましょう。相手の名前を呼ぶときも、○○さんではなく、○○課長や○○部長などと役職名で呼ぶのが基本ですからね。

その人の社内での立場が分かる役職名ですから、その偉い順番をおさえておきましょう!

スポンサーリンク
簡単デイズ336

役職名を偉い順番に紹介します。

会長

実務的にはやっかいな役職名なんですよ、会長って。一番偉いこともありますし、単なる名誉職の場合もあります。よくあるのは社長が一歩退く形で「代表取締役会長」になってるパターンです。代表権を持ったまま会長になってるので、一歩退いたと見せかけて、全然退いていないことが多々あります。一番偉いままのパターンです。

単なる「会長」になってるときは、名誉職のパターンも多いです。でもそうじゃないこともあるので、やっぱり要注意な役職名が会長です。

社長

会社にたった一人しかいない、トップの存在が社長です。ほとんどの場合、代表取締役社長という肩書です。

たまに取締役社長という代表権を持っていない社長も見かけます。何らかの理由でそうなってるんですね。そういう場合は、代表権を持ってる人を調べておくと、その会社の事実上のトップが分かると思います。

副社長

会社のNo.2です。会社法では社長、副社長は表見代表取締役と言って、代表取締役じゃなかったとしても、代表権がないことを知らなかった第三者に対しては代表権があったものとされます。それぐらい偉い役職ってことです。

専務取締役

社長を補佐する取締役。ほとんどの場合、常務取締役より偉いです。

常務取締役

社長を補佐する取締役。ほとんどの場合、専務取締役より偉くないです。

取締役

平取(ひらとり)と呼ばれることもあります。専務や常務のような役付きではない取締役のことです。

ここまでが取締役です。よく役員と呼ばれる人たちですね。
といっても登記されていなければ役員でもなんでもないのです。取締役会という重要な会議は、きちんと登記されている取締役が集まって行われるものです。

次に紹介する「執行役員」が役員じゃないっていうのは役職名の重要なポイントです。

執行役員

役員と名前が付いていますが、身分は社員です。実務的には社員における最高位の役職って感じです。

例えば、「営業担当執行役員」という肩書ならば、会社法上の役員かどうかは分かりません。経験上では役員じゃない場合が多いかな。「取締役 営業担当執行役員」という肩書ならば、まず間違いなく役員ですね。取締役が付いてなくても、やっぱり偉い役職に違いはありません。

本部長

取締役が兼務しているイメージが強い、とても偉い役職です。実務的にはここまで昇格していくのはとても難しい役職ですね。

部長

仕事上のトップの役職はこれです。その名の通り「部」の「長」です。よく出世争いなんて言葉を耳にしますが、部長の席を争うイメージが強いですね。
基本的にはその部に部長は一人なわけですから、そりゃ~偉いんですよ。

次長

部長を補佐するような役目が次長です。次長が不在の会社も多いと思います。よく次長と課長はどっちが偉いのか?という質問を目にしますが、普通は次長が偉いです。

課長

いわゆる中間管理職の代名詞みたいな役職が課長です。会社には部があって、その中に課があることが多いです。その課の長ですから、大手企業の課長クラスともなれば、収入もそれなりにある人です。ただ常に胃が痛いイメージがありますね。

課長代理

課長の一歩手前の役職です。課長補佐という役職名を使っている会社もあります。課長のポストは空いてない。だけど人が多くて差を付けないといけないとき何かに、この役職名を使いますね。

係長

この役職は会社によってポジションが違うイメージです。中間管理職みたいなことをさせられる人もいれば、バリバリに現場で作業をしている人もいます。
どちらにしても課長に上がる前の役職です。ここから課長に上がるのが大変なんですよね。

主任

平社員から1つ上に上がったら主任というイメージですね。会社によっては重要な仕事を任されるポジションだったりもします。でも課長や係長の下というイメージでとらえておけば間違いないです。

一通りの役職名を紹介しました。
整理するために偉い順に並べて見ましょう。

会長→社長→副社長→専務取締役→常務取締役→取締役→執行役員→本部長→部長→次長→課長→課長代理→係長→主任

こんな感じになります。これ以外にも事業部長、部長代理、副部長など細かい役職名を考えるとキリがないので割愛します。

まとめ

一般的な会社の役職名はこんな感じになります。

でも会社以外の役職名もたくさんありますよね。銀行でトップといえば「頭取」です。病院なら「理事長」だったり、役所はそれこそたくさんの役職名があります。

取引先の役職名を理解して、キーマンを掴んでいくのはビジネス上ですごく大事なことです。きちんと整理して覚えておきましょうね。

スポンサーリンク
簡単デイズ336

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローされると喜びます♪