WiMAXを無料でお試しできるTryWiMAXの申込方法と注意事項を説明します。

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 32

WiMAXを契約する前に不安なことは、実際に使ってみたときに、きちんと電波を受信するのか?通信速度はどれぐらいか?ということです。

こればっかりは使ってみないと分かりませんよね。

そんな不安を解消できるのが「Try WiMAX」というサービスです。

WiMAXのルーターを無料でレンタルして、使ってみることができるんです!

WiMAXに興味がある人には、絶対におすすめのサービスです。

Try WiMAXの申込方法と注意事項を、実際の画面を使って説明したいと思います。

スポンサーリンク
簡単デイズ336

Try WiMAXとは

Try WiMAXとは、実際にWiMAXを無料で使ってみることができるサービスです。

UQコミュニケーションズのサイトから申し込むことができます。

公式サイト:Try WiMAXのお申し込み

WiMAXのルーターを15日間無料で使うことができますので、WiMAXを検討している人には是非試して欲しいサービスです。

本当に無料で使えるのか不安な人もいるかと思います。実際に私も申し込みましたが、本当に完全に無料で試すことができました。

注意することは、15日間という期間を厳守すること。レンタルした機器を破損したり、紛失したりしないことです。(15日間には郵送する期間も含まれていますから、実際に使用できる期間は10日前後となります。)

試用期間を守れない場合や、レンタル機器の破損などの場合には違約金が発生しますから、注意してくださいね。

Try WiMAXの申込方法と流れ

サービスエリアマップの確認

「Try WiMAXのお申し込み」のトップ画面はこのようになっています。

申し込みの流れとしては、ピンクで囲んだ「Try WiMAXのお申し込み」をクリックする前に、その上にある「サービスエリアマップ」からあなたのエリアが「○・△・×」のどれに該当するかを調べておきましょう。

その判定が大体の基準になりますが、○の判定でも思ったように使えない場合があります。そのためWiMAXを契約する前には、Try WiMAXで実際に使ってみることをおすすめします。

Try WiMAXのお申し込み

ピンクで囲んだ「Try WiMAXのお申し込み」をクリックします。Web上での申し込みに必要なものは、本人名義のクレジットカードです。手元に準備しておいてください。

クレジットカードを持っていない人は、私がおすすめする楽天カードの記事もご参考にしてください。

 参考  楽天カードの申込方法を図解で分かりやすく説明します。お得なポイント生活を始めましょう!

書面で申し込むこともできますが、Web上での申し込みが簡単で便利です。

仮登録をしましょう

Try WiMAX レンタル(重要事項説明書)についてを読んだあとは、「同意する」→「申し込む」をクリックします。するとこのような画面に変わります。

携帯電話以外のメールアドレスを入力します。そして開通コードの送付先となる携帯電話番号か携帯のメールアドレスを入力しましょう。

間違いなければ「仮登録」をクリックします。

するとこのような画面が表示されますので、仮登録は完了です。

メールを確認しましょう

入力したメールアドレスに、次のメールが届いていると思います。

「認証URL」をクリックしてください。開通コードを入力する画面が開きます。

さきほど開通コード送付先に選んだ携帯を準備しましょう。

開通コードの入力

携帯電話で開通コードを確認して入力してください。

間違いなければ「確認する」をクリックします。

お申し込み入力画面

画面を確認しながら、入力していきましょう。

ご希望利用機器はお好みになりますが、現時点で私のおすすめはW04です。貸し出す在庫が無い場合は、時間を変えて申し込んでみましょう。

全て入力したら「確認する」をクリックします。

入力内容の確認

入力内容が間違っていないか確認しましょう。

私は自宅のADSLとWiMAXのどちらが快適な通信なのかを知りたかったので、Try WiMAXを申し込んでみました。

全てOKなら「登録」をクリックします。

申し込みは完了です

これでTry WiMAXの申し込みは完了です。お疲れさまでした。

あとはレンタル機器が届くのを待つだけです。

Try WiMAXで試すこと

電波状況と通信速度の確認

WiMAXのルーターが届いたら、電波の状況と通信速度を確認しましょう。

窓際に置いてみたり、高さを変えたり、ルーターの場所をあれこれと試してみましょう。それだけで、電波の強さや通信速度が変わります。

実際に自分が使う環境で試せるのがTry WiMAXの最大の利点です。

UQで契約するかは慎重に

Try WiMAXで送られてくる書類の中に、UQコミュニケーションズで契約する案内が入ってると思います。

私は別の記事で書いていますが、UQコミュニケーションズはサポートが丁寧なので、安心を重視する方にはおすすめしています。

 参考  WiMAXでおすすめのプロバイダはこの2社からで決まり!その理由と選ぶポイントとは。

ただし、料金は高めです!

WiMAXはどこのプロバイダと契約しても性能は全く同じなので、料金の安さが最大のポイントとなります。

料金の安さでおすすめするのは、参考の記事にも書いていますがGMOとくとくBBです。

◆GMOとくとくBB公式ページ◆

申し込み方法を実際の画面で説明していますので、こちらの記事もご参考にしてください。

 参考  GMOとくとくBBの申込方法を画面を使って一から分かりやすく説明します。

まとめ

Try WiMAXの申込方法について説明しました。

私はTry WiMAXで「HOME L01」と「W04」を試してみたんです。実際に使ってみてWiMAXの快適さに感動しましたね。それまでがADSLだったもので、劇的に速度が上がりました。
(Try WiMAXを利用して、法人でL01と個人でW04を使ってみました。)

すぐに、仕事用として「L01」をUQコミュニケーションズで、個人用として「W04」をGMOとくとくBBで契約しました。

L01が想像以上に快適でした。20台ほどのPCを繋げていますが、LANケーブルもなくスッキリとネットの環境を作ることができたので大満足です。

W04は何といっても持ち運べるところが便利です。実家でも快適にネットができるようになりました。

そうした私の経験から、田舎の場合は特にTry WiMAXで実際の電波の状況や通信速度を確かめてから、WiMAXを契約することをおすすめします。