WordPressのユーザー名を変更する方法。重要な注意点があります!しっかり確認しましょう。

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 36
wordpress-588495_1280

WordPressでユーザー名がadminだったり、画面上に表示されるニックネームとユーザー名が同じだったりすると、セキュリティ上の問題があります。

そこでユーザー名の変更の仕方を紹介します。

わざわざこんな記事を書いている理由は、ユーザー名って簡単に変更できないんですよ。
それに注意するところがいくつかあります。

私は最近2回ほどユーザー名を変更したので、注意点と一緒にまとめてみます。

スポンサーリンク
簡単デイズ336

ユーザー名を変更する手順です。

そもそも「ユーザー名を変更」という機能があればいいんですけどね。

それが無いんです!

なので、新しくユーザーを追加して、古いユーザーを削除という流れになります。
今回は「ユーザーの削除」という大きい作業が出てくるんです。

最初の注意点であり、最大のポイントです。

ユーザー名の変更作業前に必ずバックアップを取りましょう!

バックアップの仕方が分からないって?
私も最初はここが最大の難関でした。でも大丈夫。

私がよくお世話になってるブログ「Naifix」のこの記事が一番分かりやすいと思います。

 参考  WordPress初心者でも簡単にできるバックアップ方法

ついでに復旧の仕方もすごくためになりますよ。

 参考  バックアップデータを使ってWordPressを復旧・移行する方法

さて、それではユーザー名を変更する手順を説明します。

1.ログインする。

2.新規ユーザーを追加する。

3.ログアウトする。

4.新しいユーザーでログインする。

5.古いユーザーを削除する。

という流れになります。

具体的な操作と注意点を説明しますね。

ログインする。

ここはいつも通りにログインするだけです。

新規ユーザーを追加する。

ユーザーから「新規追加」を選びます。ここで新しく使用したいユーザー名を登録します。

注意点が2つあります。

1.メールアドレスについて

メールアドレスは今使っているユーザーと同じアドレスにすることができません。
同じメールアドレスをここで登録したい場合は、先に今使っているユーザーのメールアドレスを変更しておきましょう。

新しいユーザーのメールアドレスをあとで変更してもOKです。

2.権限グループについて

権限グループは「管理者」を選びましょう。

これで準備はOK!

「新規ユーザーの追加」をクリックして新しいユーザー登録が完了です。

ログアウトする。

新しいユーザーでログインしたいので、いったんログアウトしましょう。

新しいユーザーでログインする。

特別に注意することはありません。

古いユーザーを削除する。

ユーザーのところから、古いユーザーの削除を選びましょう。

ここが一連の作業の最大の山場です!

ユーザーの削除を選ぶと次の選択があります。

・すべてのコンテンツを消去します。

・すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする

必ず「すべてのコンテンツを以下のユーザーのものにする」を選んで下さい!!

「以下のユーザー」はさきほど新しく作ったユーザーにするといいですね。
間違えると全て消えますからね。失敗しないで下さいね。

じっくり確認して削除を実行しましょう!

まとめ

ユーザー名を変更する一番の理由は、最初に書いたようにセキュリティ対策だと思います。

乗っ取られて、データをいじられたり、悪用されたり、全て消されたり・・・
想像するだけで恐ろしいですね~。

セキュリティ対策のための便利なプラグインもあります。そちらの活用もおすすめですけど、ユーザー名の対策も大事だと思います。

そして忘れてはいけないのがバックアップです。

WordPressでブログを作る、運営する、消える、全て自己責任です。
そのために重要なことはバックアップを取ること。

そういう意味では、エローラさんの「Naifix」の記事を紹介したことが、この記事で一番有益な内容になった気がします。

記事を更新するたびにバックアップを取るのが理想なんだろうな。
でも、それはちょっと面倒。。。

WordPressのバージョン更新とか、新しいプラグインを使うときとか、重要なタイミングではバックアップを取るようにしてます。

最低限の対策ですけど、画面が真っ白になったら、頭も真っ白になりますからね(^_^;)

スポンサーリンク
簡単デイズ336

シェアされると喜びます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローされると喜びます♪